台湾が世界に誇る烏龍茶

台湾の烏龍茶は、その品質の高さから世界的にも有名です。
現在台湾では、様々な特徴のある烏龍茶が生産されておりますが、
ここではその中でも有名な「台湾三大銘茶」をご紹介をします。

烏龍茶

凍頂烏龍茶/高山茶(とうちょうううーろんちゃ/こうざんちゃ)

凍頂烏龍茶や高山茶に代表される烏龍茶は、台湾独自の改良技術により、高貴な香りと風味のあるお茶として世界的にも有名です。
茶葉を丸ごと半球形に揉んで作る半発酵茶を「半球形烏龍茶」と呼びますが、中でも阿里山や梨山の様に海抜1,000m以上の産地で作られたものを高山茶と呼びます。
半球形烏龍茶に適している品種は、青心烏龍、金萱、四季春、翠玉等があります。

主要産地
凍頂烏龍茶 – 台湾中部(南投縣名間郷、竹山鎮等)
高山茶 – 台湾中南部(嘉義縣阿里山一帯、南投縣梨山一帯等)
特徴
茶色は黄金色で、清新な花の様な香りが特徴です。高山茶は、その多くが手摘みで採取される為、粒は比較的大きく仕上がります。高山茶は独特な青みのある風味が特徴です。
抽出温度
熱湯(100℃)
製造工程
茶摘み → 日光萎凋 → 室内萎凋(静置・攪拌) → 釜炒り → 揉捻 → 初期乾燥 → 団揉 → 玉解 → 再乾燥 → 製品

文山包種茶(ぶんざんほうしゅちゃ)

文山包種茶は、緑茶に近い軽発酵で作られたお茶です。
主に台湾北部で生産されていますが、その特徴である龍の形を作り出すには熟練した技術を要する為、比較的高値で取引されています。
昔は紙に包んで販売されていたことから、包種茶と名付けられました。
凍頂烏龍茶同様、青心烏龍という品種で作られたものが最も良質とされています。

主要産地
台湾北部(台北縣坪林、石碇等の文山一帯)
特徴
龍のようにちぢれた形が特徴です。茶色は青みがかった黄色で、清新な香りと甘味のある青々しい風味が特徴です。
抽出温度
90℃~100℃
製造工程
茶摘み → 日光萎凋 → 室内萎凋(静置・攪拌) → 釜炒り → 揉捻 → 玉解 → 乾燥 → 製品

白毫烏龍茶(東方美人)(ぱいはううーろんちゃ(とうほうびじん))

白毫烏龍茶は、紅茶に近い重発酵茶です。
新芽の部分をウンカという虫に喰わせ、その部分を含んだ一芯二葉を手摘みし、手もみで作られます。
産毛の残る新芽の部分(白毫)が多いもの程高級とされており、東方美人という名はイギリスのビクトリア女王が命名したと言われています。
品種としては、青心大冇が最も適していて、夏の時期のみ生産されている貴重なお茶です。

主要産地
台湾北部(新竹縣北埔、峨眉・苗栗縣頭屋、頭份等)
特徴
白い新芽を含む、褐・赤・緑・黄色等色彩豊かな茶葉が特徴で、蜂蜜のような甘くフルーティな香りと、紅茶のような風味が特徴です。
抽出温度
80℃~90℃
製造工程
茶摘み → 日光萎凋 → 室内萎凋(静置・攪拌) → 釜炒り → 回軟 → 揉捻 → 乾燥 → 製品

その他台湾で生産されているお茶

緑茶-龍井茶・碧螺春等

緑茶には、日本緑茶のような蒸し製のものと、中国の釜炒り製法のものがあります。全世界で消費されているほとんどの緑茶は、中国で生産されていますが、台湾北部の三峡でも緑茶を生産していて、近年非常に質の良いものができるようになりました。
品種は、台湾独自の青心柑仔や、中国より伝わってきた甘種等で作られます。

紅茶-アッサム、紅玉等

台湾では、日本統治時代からアッサム紅茶の生産を進めてきました。紅茶は全発酵茶で、花連縣瑞穂郷、台東縣鹿野郷の一部、南投縣魚池郷などで生産されています。近年魚池にある茶業改良場で開発された「紅玉(台茶18号)」と呼ばれる品種で作った紅茶は、シナモンやミントのような香りで、渋味の少ないのが特徴です。台湾では今後良質紅茶の生産に力を入れて行く予定です。

佳葉龍茶(ギャバ烏龍茶)

ギャバ茶とは、元々日本で開発されたお茶(日本ではギャバロン茶と呼びます)で、茶葉を嫌気状態に置くことでグルタミン酸をGABA(γアミノ酸)に変化させて作ります。GABAは、ストレス社会で注目されている成分で、既に多くの研究により、血圧降下作用等が認められています。
この製法で作った緑茶には独特の風味があり、なかなか日本では広まらなかったようですが、台湾ではこの茶葉で烏龍茶を作る研究が進んでいます。本来の烏龍茶の製法よりも簡単な為、現在は国を挙げて様々な分野での利用法を検討しています。